INTRODUCTION

「時効警察」シリーズや『転々』『俺俺』などで独自の世界観を作り出してきた奇才、三木聡監督が、映画評論家でプロデューサーのマーク・シリングと練り上げた渾身の企画で、デビュー前から三木組への参加を熱望していた成田凌が初主演。ファムファタルな人妻を演じる前田敦子、ワーグナーの楽劇をひとり指揮するのが日課の束縛系変人夫役の六角精児はじめ、加藤の恋人で女優のジグザグをエキセントリックに演じた片山友希、三木作品の常連であるふせえりや岩松了、日本映画に欠かせない名バイプレイヤーの渋川清彦など、豪華な実力派たちが超濃厚な存在感を発揮。目眩がするような奇妙で濃密な異世界で繰り広げられるアドベンチャーが誕生した。

STORY

スランプ中の売れない脚本家、加藤(成田凌)は、ある日、恋人ジグザグ(片山友希)の飼い犬“ケルベロス”に執筆中の脚本を消され、腹立ちまぎれに山奥に捨ててしまう。後味の悪さから探しに戻るが、レンタカーが突然故障して立ち往生。霧の中のたたずむコンビニ「リソーマート」で働く妖艶な人妻・惠子(前田敦子)に助けられ、彼女の夫でコンビニオーナー南雲(六角精児)の家に泊めてもらう。しかし、惠子の誘惑、消えたトラック、鳴り響くクラシック音楽、凄惨な殺人事件、死者の魂が集う温泉町……加藤はすでに現世から切り離された異世界にはまり込んだことに気づいていなかった。

CAST

PROFILE >
PROFILE >
PROFILE >
PROFILE >
PROFILE >
岩松了
〔映画プロデューサー 榊〕
PROFILE >
渋川清彦
〔映画監督 沼津〕
PROFILE >
ふせえり
〔映画プロデューサー 国木田〕
PROFILE >
松浦祐也
〔黒縁眼鏡の男〕
PROFILE >
BIGZAM
〔大柄の男〕
PROFILE >
藤間爽子
〔映画アシスタントプロデューサー 平坂〕
PROFILE >
小田ゆりえ
〔女将〕
PROFILE >
影山徹
〔コンビニ店員 グ〕
PROFILE >
シャラ ラジマ
〔コンビニ店員 ガ〕

STAFF

監督・脚本:三木聡
>
企画:マーク・シリング
>
撮影:高田陽幸
>
照明:冨川英伸
>
録音:高野泰雄
>
美術:将多
>
美術:林チナ
>
編集:富永孝
>
成田凌
スランプ中の脚本家 加藤
1993年、埼玉県生まれ。2014年、フジテレビNEXT smartオリジナルドラマ『FLASHBACK』にて高梨臨とのW主演で俳優デビューを果たす。2018年、映画『スマホを落としただけなのに』と『ビブリア古書堂の事件手帖』で、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2019年、『チワワちゃん』『愛がなんだ』『さよならくちびる』などの演技が評価され、第93回キネマ旬報ベスト・テンをはじめとする数々の助演男優賞を受賞。主演を務めた『カツベン!』では、第74回毎日映画コンクールで男優主演賞を受賞した。『あなたに聴かせたい歌があるんだ』(Hulu配信22)、6月6日より舞台『パンドラの鐘』に出演。
前田敦子
コンビニで働く妖艶な人妻 惠子
1991年生まれ。2005年、AKB48結成時からメンバーとして活動。『あしたの私の作り方』(07)で映画デビュー。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(11)で映画初主演を果たし、同作で日本アカデミー賞話題賞、日本映画批評家大賞新人賞を受賞。12年8月にAKB48を卒業。近年の主な出演作は、【舞台】『そして僕は途方に暮れる』(18)、NODA・MAP『フェイクスピア』(22)、【映画】『町田くんの世界』、『旅のおわり世界のはじまり』(ロカルノ国際映画祭で上映された主演映画)(共に19)、『くれなずめ』(21)、【ドラマ】『伝説のお母さん』(NHK 20)、『逃亡医F』(NTV22)、『あなたに聴かせたい歌があるんだ』(Hulu配信22)など。待機作に、月刊「根本宗子」の映画化『もっと超越した所へ。』(22年公開予定)がある。
六角精児
コンビニオーナーで束縛系変人夫 南雲
1962年、兵庫県生まれ。1982年、劇団「善人会議」(現・扉座)の旗揚げに参加。舞台、映画、ドラマなど幅広く活躍。2009年「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」で映画初主演。またミュージシャンとして「六角精児バンド」を結成し2枚のCDをリリース。2022年4月には初ソロ・アルバム『人は人を救えない』をリリース。近作は『くらやみ祭の小川さん』(19)、『前田建設ファンタジー営業部』(20)、『すばらしき世界』(21)、『大怪獣のあとしまつ』、『ウェディング・ハイ』、『ハケンアニメ』(共に22)など。
片山友希
加藤の恋人 ジグザグ
1966年、京都府生まれ。2018年に『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ‼』で三木聡監督作に初参加。主な出演作品に『ここは退屈迎えに来て』(18)、『ねことじいちゃん』(19)、『君が世界のはじまり』(20)、『弟とアンドロイドと僕』(22)など。2021年公開『茜色に焼かれる』(石井裕也監督)では、第46回報知映画賞新人賞、第43回ヨコハマ映画祭助演女優賞など5つの賞を受賞。2022年公開『フタリノセカイ』では映画初主演を務めた。
岩松了
映画プロデューサー 榊
1952年、長崎県生まれ。劇作家・演出家・俳優として幅広く活躍。「蒲団と達磨」(89)で第33回岸田国士戯曲賞、「こわれゆく男」「鳩を飼う姉妹」(94)で第28回紀伊國屋演劇賞個人賞、「テレビ・デイズ」(98)で第49回読売文学賞を受賞するなど、演劇界の鬼才として名を馳せる。97年には映画『東京日和』で第21回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。2018年「薄い桃色のかたまり」で第21回鶴屋南北戯曲賞を受賞。近年の出演作は『花束みたいな恋をした』(21)、『ヤクザと家族』(21)、『シン・ウルトラマン』(22)など。
渋川清彦
映画監督 沼津
1974年、群馬県生まれ。 第32回 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 / 助演男優賞を受賞。主な出演作に『偶然と想像』( 21 / 濱口竜介監督 )、ドラマ『真犯人フラグ』(21) 、現在放送中の主演ドラマ、テレビ東京水ドラ25「ザ・タクシー飯店」(22)など。また、公開待機作に『キングダム2 遥かなる大地へ』( 22/ 佐藤信介監督 )、『異動辞令は音楽隊!』(22/内田英治監督)、『激怒』(22/高橋ヨシキ監督)がある。
ふせえり
映画プロデューサー 国木田
東京都生まれ。演劇ユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」及びコントユニット「ビシバシステム」での活動を経て、俳優としてテレビ、映画、を中心に幅広い作品に出演。主な出演作に『花とアリス』(04)、『アキレスと亀』(08)、『麦子さんと』(13)、『喜劇 愛妻物語』(20)など。これまで三木聡監督作品の常連として、数多くの作品に参加。7月からは30年ぶりとなる舞台『スルメが丘は花の匂い』に出演予定。
松浦祐也
黒縁眼鏡の男
1981年、埼玉県生まれ。2004年スクリーンデビュー。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の国内コンペティション長編部門の優秀作品賞と観客賞を受賞した『岬の兄妹』(18)に主演。
BIGZAM
大柄の男
1978年、北海道生まれ。17歳でラップを始め、日本のヒップホップユニットNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーに。『灰色の壁 大宮ノトーリアス』(22)で俳優デビュー。
藤間爽子
映画アシスタントプロデューサー 平坂
1994年、東京都生まれ。幼少より祖母・初世家元藤間紫に師事し、2021年に三代目藤間紫を襲名。劇団「阿佐ヶ谷スパイダース」にも所属し、日本舞踊家・女優として活動している。
小田ゆりえ
女将
1990年、大阪府生まれ。俳優、タレント、MCなど多岐にわたって活動。主な出演作に連続テレビ小説「わろてんか」(17)、「カムカムエブリバディ」(22)など。
影山徹
コンビニ店員 グ
1988年、大阪府生まれ。劇団子供鋸人」所属。民族音楽ユニット「プノンペン・ホテル」やアコースティックデュオ「阿寒組合」、など、多くのユニットで音楽家としても活動。
シャラ ラジマ
コンビニ店員 ガ
モデル・文筆家。バングラディシュのルーツを持ち、東京で育つ。「人種のボーダーレス」をコンセプトに、独自の路線で雑誌やTVなど幅広いジャンルで活躍中。
監督・脚本 三木聡 1961年、神奈川県生まれ。大学在学中から放送作家として活動し、「タモリ倶楽部」「ダウンタウンのごっつええ感じ」など数多くの人気番組に携わる。1989年から2000年まではシティボーイズのライブの作・演出を務め、2005年の『イン・ザ・プール』で長編映画監督デビュー。以降、シュールな持ち味を活かして『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(18)、『大怪獣のあとしまつ』(22)などの映画作品で一貫して監督と脚本を兼任。「時効警察」シリーズや「熱海の捜査官」などのテレビドラマも手がけている。

企画:マーク・シリング
1949年、アメリカ合衆国オハイオ州生まれ。東京をベースに映画評論家として活動。日本映画に造詣が深く、ジャパン・タイムズやバラエティ誌などに寄稿。2000年よりイタリアのウディネ・ファーイースト映画祭で日本映画のコンサルタントを務め、またNHKの海外放送では相撲中継の解説員も務めていた。トム・クルーズが主演した『ラスト・サムライ』(03)にはスクリプトアドバイザーとして参加した。日本映画についての書籍は「Art, Cult and Commerce: Japanese Cinema Since 2000」など、多数執筆。
撮影:高田陽幸
映像プロダクション、アップサイド所属。2000年代よりテレビや映画で撮影を手掛ける。ドラマシリーズ「時効警察はじめました」に参加し、映画では『大怪獣のあとしまつ』(22)に続いて三木聡監督と組んだ。
照明:冨川英伸
大根仁監督の『モテキ』(11)で照明を担当。『バクマン。』(25)、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(17)でも大根監督と組んでいる。
録音:高野泰雄
佐々部清監督の『陽はまた昇る』(02)、森田芳光監督の『間宮兄弟』(06)、瀧本智行監督の『去年の冬きみと別れ』(18)など、錚々たる監督たちの作品で録音を担当。三木聡監督とは『大怪獣のあとしまつ』(22)で組んでいる。
美術:将多
山梨県生まれ。東宝舞台フジテレビ操作課、東映の装置組付を経てフリーとなり、『僕たちは世界を変えることはできない。but we wanna build a school in cambodia.』で美術デビュー。主な作品に『百円の恋』、『探検隊の栄光』、『ミュージアム』(Set design)、『アンダードッグ』等。三木組は前作『大怪獣のあとしまつ』(美術助手) についで2 作目。
美術:林チナ
東京都生まれ。1997年に諏訪敦彦監督作『2/デュオ』で美術を担当。以降、諏訪監督、是枝裕和監督、廣木隆一監督らの作品を手掛ける。ハリウッド映画『ワイルド・スピードX3』(06)にも日本側の美術スタッフとして参加。
編集:富永孝
『星砂の島、わたしの島 アイランド・ドリーミン』(04)、『人生の約束』(16)、『任俠学園』(19)、『屍人荘の殺人』(19)、『仮面病棟』(20)、『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』(21)、などで編集を担当。三木聡監督作品は『大怪獣のあとしまつ』(22)に引き続いての参加。